長く賃貸物件にすんでいると、畳だったりふすまだったり壁紙だったりいろんな所が汚れたり破れたりします。その修繕費っていったい誰が払うんでしょう?
もしかするとあなたが支払わなければいけないかもしれません。

 

修繕費には2つある

修繕費には 『家主が払う』 修繕費と 『借主が払う』 修繕費があります。

 

家主が払う場合

ほとんどの場合、修繕費は家主が払うものと決められています。
『普通に生活していて付く汚れ』 がそれに当たります。

 

家主側は 『普通に生活していて付く汚れ』 は当たり前であることを認めたうえで人に貸すわけです。
ですから壁紙やふすま、床の汚れなどの修繕費を借主側に請求することは認められていません。

 

借主が払う場合

ですが中には借主側が払わなければいけない修繕費があります。
『破壊行為』 がそれに当たります。過失(偶然)か故意かは関係ありません。

 

『荷物を運んでいて壁に穴を開けてしまった』 『子供がふすまを壊してしまった』 など、通常の使用では起きない破損は借主側の責任で元に戻す必要があります。
とはいっても借主が修理を手配するのではなく、退去後に請求もしくは敷金から修理代を天引きされます。

修繕費を請求されないために

退去時に返金される敷金は、次の引越しでも当てにできるとても重要なお金です。また敷金をあまり払っていない場合、修繕費の請求は痛い出費となります。
そうならないためにはどのように生活したらよいでしょう?

 

借り物だから

よくあるのが 『自分の家ではなく借り物だから』 という理由です。

 

まだクリーニングが済んでいない空き物件を内覧してびっくりすることが多々あります。
もちろん長年住んだ結果なのでしょうが、使い方もそうですし、なにより普段から掃除をしていなかったのだろうというようなひどく汚れている場合があります。

 

大阪,賃貸物件,解約,修繕費用

『どうせ引っ越すねんから。俺のんちゃうし。』

 

といった気持ちで生活していると扱いが雑になって何かを壊してしまうかもしれません。

 

人のものだからこそ丁寧に扱う

『俺のんちゃう』 からこそ丁寧に扱ってきれいにして返さなければいけませんよね?

 

壁や床、その他汚れやすい台所などは汚れたときには必ず拭き掃除をしましょう。『汚さない』 意識を持っていれば家具を移動する際も不用意に壁にぶつけたりすることもなく、穴があいたりすることもありません。

 

 

不用意な修繕費を払わないためにも 『人のものだからこそ汚さない』 意識を持ってみませんか?

トップへ戻る