敷金・礼金の減額交渉

敷金

敷金・礼金・家賃のうちで最も減額してもらえるのが敷金です。

 

敷金は退去時に払う修理代のようなもの。通常の居住での汚れや破損は貸主側が負担しますが、壁に穴を開けたり過度の破損に対しては借主側が負担します。補修の必要が無ければもちろん全額返ってきます。ほとんどの場合は全額返金となるので契約時に敷金を0円にしてもらえる場合もあります。

 

礼金

礼金は家主さんの懐に入る返ってこないお金です。

 

将来の補修やリノベーションなど、大きなお金が必要になる場合に備えて蓄えておくお金として理解してもいいでしょう。礼金は30万円までは5万円。それ以上は10万円まで減額交渉が可能です。礼金が15万円以下の場合、交渉しだいでは0円になることもあるので 「無理ですかね〜」 と探るように下から伺って見ましょう。

家賃の減額交渉

ここ10年ほどを見ていると、以前より間取りに対する家賃の金額が割安になっています。特に引越しシーズンのピークからはずれた空室は既に5000円程度の値下げをしているようです。そういう事情もあり以前より家賃の値引きは厳しくなっているように実感しています。
だからといって借主側としてそこに気を使う必要は無く、減額できるか聞くのはただなので遠慮なく 「お家賃はもう少し下がりませんか?」 とたずねましょう。

 

値下げしてもらえない場合の不動産仲介業者のリアクション

家賃の減額をたずねた際に仲介業者のリアクションで家主さんの意向を伺い見ることができます。

 

大阪,賃貸物件,家賃,敷金,礼金,減額交渉

『ここの大家さんは値下げしてくれないんですよね〜』

 

この言葉が出たらほぼ交渉してもらえません。家主さんに確認する前に上司に相談し、「やっぱり無理ですね〜」 と言われるでしょう。
そうなったら間違いなく交渉してもらえません。

 

大阪,賃貸物件,家賃,敷金,礼金,減額交渉

『ここは最近下げたばっかりなんですよ〜』

 

たぶんこれは真実でしょう。だからといって交渉してもらえないわけではなく、「だめもとで聞いてみてもらえませんか?」 とお願いすれば交渉してもらえます。運がよければあと2000円程度なら減額してくれるでしょう。

 

このように仲介業者が渋る場合、減額交渉まで持っていくことができなかったり、交渉しても減額されない場合があります。
減額に失敗したからといって恥ずかしいわけではなく、「減額してもらえればラッキー」 程度に考えておけばいいと思います。

駐車場賃貸料の減額交渉

家賃が無理そうな場合でもそこでひるまずに他に減額できるところを探します。
もし駐車場料金が15,000円を越えるような物件ならば 「駐車場代をもう少し下げてもらうことはできませんか?」 とお願いしてみましょう。ただし、1つの物件にあれこれ減額をお願いしてしまうと入居を拒否されてしまうので注意が必要です。

まとめ

減額交渉はまず敷金礼金が0円にならないか質問してみましょう。

 

大阪,賃貸物件,家賃,敷金,礼金,減額交渉

『おそらく○○円なら可能だと思いますよ』

 

と言われれば減額はほぼ可能です。
さらに家賃についても5000円ほどの値下げをお願いしてみましょう

 

大阪,賃貸物件,家賃,敷金,礼金,減額交渉

『ん〜、難しいかもしれませんね〜』

 

と言われても「一度聞いてみてもらえませんか?」 とお願いします。たいていの仲介業者さんは家主の意向を知っているので無理そうな場合や家主の機嫌を損ねそうな場合は交渉してもらえません。
交渉してもらえれば2000円〜5000円程度の減額が期待できるかもしれません。

 

最近聞かなくなりましたが、

 

大阪,賃貸物件,家賃,敷金,礼金,減額交渉

『今決めてもらえるなら交渉しますよ』

 

といわれる場合があります。これはこちらが本気でどうしても借りたいという意思を家主側に伝えることで 「それならば」 と応じてもらいやすくするためです。

 

 

減額交渉は恥ずかしいと思わず 「交渉して当たり前のこと」 「だめもと」 と考えてお願いして見ることが大事です。もしかするとこちらの予想を上回る減額が実現できるかもしれません。

トップへ戻る