賃貸物件は地デジ化に変更されるに当たり、アンテナの変更ではなくケーブルテレビを導入によってテレビの視聴が継続できるように対応してきた経緯があります。
それに伴い、賃貸物件のサービスの一環としてケーブルテレビが提供するインターネットを常設サービスとして入居者に提供しています。

 

最近ではNTTが提供するはフレッツ光の導入もかなり進んでいますが、J:COMなどのケーブルテレビもまだまだあります。

 

 

今まで使っていたインターネットが利用できない、また引越しをきっかけに利用するプロバイダーを考え直すチャンスなのでここでどこが自分に合っているのか再検討してみてください。

初期費用0円のプロバイダを選ぶ

初期費用が0円のプロバイダは各プロバイダの割引サービスなので常に0円になるわけではありません。

キャッシュバックが最大のプロバイダを選ぶ

毎月の利用料金が安いプロバイダを選ぶ

スマートフォンに合わせてプロバイダを選ぶ

トップへ戻る